10代の頃というのは、早くに初体験を済ませてその後もどんどん経験を積んでいる子もいれば、エッチのチャンスに恵まれずなかなか初体験を経験することができない子もいます。

性の格差とでもいうものがあります。

しかし、10代の子みんなに共通して言えることは、
「全員もれなくエッチに対してはめちゃくちゃ好奇心旺盛、興味津々である」
ということです。

これは経験のあるなし、多い少ない、真面目か遊んでるかに関わらず、みんなエッチに対しての興味は強いんです。

10代の子がエッチに対して興味があるのは当然ですよね。
これは男も女も共通のことです。

では、10代の女の子はセフレにするのは簡単なのかというと、必ずしもそうではありません。

好奇心は旺盛なんですけど、その前に大きな壁が立ちはだかります。

それが、「恐怖心と不安感」です。

中には遊びまくっていて、大人顔負けなほど経験豊富な10代もいるとは思いますが、そういう子は置いておいて、

10代の子は総じてエッチに対して不安感や恐怖心を持っています。
それはエッチに対する好奇心と同じくらい大きいものでしょう。

その恐怖心や不安感は、主に経験不足から来るんです。

経験が少ないから当然知識も少ないし、安全・危険の見極めや危険への対処も知らないので、不安になるのも無理はないのです。

何より、人間なら未知なるものへ恐怖心や不安感を抱くのは当然なのです。

経験が少なければ未知なるものもそれだけ多いのですから、その分不安感や恐怖心を抱くのも無理はありません。

その恐怖心や不安感が、せっかく溢れんばかりにあるエッチに対する好奇心や興味をせき止めしているのです。

しかし逆に言えば、
恐怖心と不安感さえ取り除いてしまえば、あとは溢れんばかりのエッチに対する好奇心や興味が残るのみです。

せき止めしている恐怖心と不安感を除いてしまえば、まさにダムから水が流れ出るように、エッチに対する好奇心が流れ出てくるのです。

では、その恐怖心や不安感を取り除くにはどうすればいいのか?

そのためにはやはり慎重に接していくしかありません。

エッチを急いだり、最初からがっついている様子を見せるのはあまり好ましくはないと思います。

女性は、あからさまに体目当てだとわかると引いてしまうものですが、10代の子は特に強い警戒心を示すものなのです。

丁寧に慎重に接して、恐怖心や不安感を取り除いてさえあげれば、あとはエッチまで持っていくのはそう難しくはありません。

元々エッチに対する好奇心はかなり強いのですから、余計な壁を取り除いてからでも遅くはないのです。

まずは恐怖心や不安感を取り除いてあげて、安心感を与えるところから始めてみて下さい。

おすすめの記事