20代の女性がセフレを求める場合、目的を持ってセフレを作ることが多いように思います。

例えば、彼氏とのセックスに満足していないとか、彼氏とはできないしてみたいセックスがある、彼氏以外の男性とセックスしてみたいなどなど。

自分のセックスへの欲求を満たすためにセフレを作ることが多いようなのです。

好きな人といっても、必ずしもセックスの好みや相性、性癖が合うとは限らないですからね。

愛情とは別に、セックスへの欲求を満たしたいと思った時にセフレを作ることが多いみたいです。

もちろん、寂しい時など、精神的に満たされないものがある時にセフレを作ることもあるそうで。

何れにしろ何かしら満たされない時にセフレを持つことが多いのです。

それでは、どういう人ならセフレにしてもいいと思うのでしょうか?

一言で言うと「嫌いではない人」と言えるでしょうか。
「好きな人」ではなく「嫌いではない人」です。

嫌われていない限り、セフレになることは可能なのです。

普通に男友達として付き合えるくらいなら、誰でもセフレになる可能性はあるということなのです。

そもそも20代の女性の場合、友達として仲良くなることを優先した方が、かえってセフレへの近道だったりします。

というのも、友達付き合いの延長でセックスまでするということが20代女性の場合ままあるのです。

もし女友達が何かしら今のセックスや彼氏に満足してない場合、ちょっとしたきっかけで一気にセフレへと発展してしまうことも珍しくはないのです。

おすすめの記事