10代の頃はエッチに対しての好奇心が強かったのに対して、20代になるとよりセックス自体が好きになり、セックスを楽しめるようになってきます。

10代の頃とは違い、本気と遊びの区別も付くようになってきますので、最もセフレにしやすい年代と言えると思います。

しかし20代と言っても、学生から社会人、人妻など様々であるため、一括りにはできないでしょう。

20代前半と後半では、全くと言ってもいいくらい違いますからね。

ただ、20代女性に共通して言えるのは、「セックスがしたい年頃だ」、ということです。

20代の女性は10代とは違い、ほとんどの女性がセックスを経験していて、セックスの快感、気持ちよさを知っています。

経験を積めば摘むほど、セックスという行為自体が好きになっていくものなのです。

そうなると、もっとセックスを楽しみたい、もっと色々なセックスを経験したいという欲求が生まれてきます。

まさに20代がその時期にあたるのです。

20代の女性のセックスに対する欲求というのは、「より楽しいセックス」という方向に向かっていくものなのです。

そこには当然「今までしたことないプレーをしてみたい」「もっと色んな人とセックスしてみたい」「もっとたくさんセックスをしたい」など、様々な欲求が含まれてきます。

10代の好奇心とは全く違うものですよね。

20代のセックスに対する欲求というのは、肉体的なセックスへの欲求とも言えます。

それが20代の特徴であり、だからこそセフレには最適な年代だと言えるのです。

逆に言えば、最も男性がセフレにしたがる年代とも言えるでしょう。

おすすめの記事