1週間前に、出会い系サイトで出会った25歳のナースとHしました。

彼女は、総合病院に勤務していて、見た目も話し方も品があって、優しい方なので、当然、彼氏もいるだろうと思っていたので、出会い系サイトに登録している理由が分かりませんでした。

彼女とメールのやり取りをしていると、看護師の仕事は大変なので、ストレスを発散するために、Hをすることが多いのですが、彼女の場合、仕事が忙しくて、彼氏もいないので、出会い系サイトで男性と知り合い、良い方だったら、Hをしているそうなのです。

看護師の仕事柄、時間が不規則になることも彼氏を作れない理由なんだそうです。

そういえば、私と会ったのも、夜勤明けの午前10時でした。

何度もメールのやり取りをしていたので、初めて会う日にエッチをする約束もしていたので、少し眠そうな顔をして待ち合わせ場所に来た彼女に『朝ご飯でも食べる?』と聞いたら『コンビニで何か買って、ホテルで食べよう。』と言ってきた彼女。

部屋に入ると、まずは、朝ご飯を食べて、お腹一杯になると、シャワーを浴びて、さっぱりして、Hをすることに。

私、ナースとHするのは、初めてでしたので、とても興奮していたのを思い出します。

ナースとHするのは、男としたらいつかしたいと思っているでしょうから。

彼女の肌は、色白で、その色白の肌にピンク色のお○んこがとても綺麗でした。

そのお〇んこを舐めると『あん、ああん。』と喘ぎ声が出て、感じる彼女。

その感じているお〇んこから、愛液が流れてきたので、それをすするように舐めると『あ〜、いい、それいい!!』と声が出て、感じまくり、さらに舐め続けていると、『あ〜、いっちゃう、いく〜。』と絶頂感に達したのです。

 

やれる出会い系アプリランキング

 

その後、彼女、フェラをしてくれましたが、とても優しいフェラをしてくれました。

竿を舐めているときには、袋を触ってくれましたし、袋も包み込むような感じで、含んで、舐めてくれましたし、お尻の穴も舐めてくれたのです。

その気持ちよさに我慢できなくなった私は、彼女のお○んこにお○んぽを入れることにしました。

正常位で、入れた瞬間、『あああ〜、気持いい!』と声を上げ、感じる彼女。

そして、私が腰を動かす度に、『ああ〜、きもちいい〜』と感じまくる彼女。

さらに、彼女は『ち〇ぽ、キモチイイ、もっと突いて、ち〇ぽ突いて。』と言ってしまうほど感じているようでした。

その彼女の言葉に興奮した私は、ガンガンに突いていると、『いっちゃう、いく、いく〜。』とエクスタシーに達しました。

その後、バックもしました。彼女の背中のラインは、とても美しくて、その眺めを見ながらバックからお〇んぽを突くのは、とても興奮しました。

彼女も恥ずかしい四つん這いの恰好で、突かれていることに興奮したのか『とってもイイ、アアア!』と声を上げ、さらには、『また、いっちゃうよ。いってもいい。ごめんね。いく〜。』と再度エクスタシーに達した後、私も、彼女のお尻にザーメンを出したのです。

その後、彼女とお風呂に入り、ホテルを出たのは、お昼頃でした。

彼女は、これから寝て、夜の9時から、仕事があるようです。彼女とは、別れる際、次、会う日を決めました。

次は、日勤明けで、翌日は、お休みなので、思う存分Hができそうです。

おすすめの記事