「女として見られたい」

女性はみんなそうですが、特に30代の女性はその気持ちを強く持っています。

30代の女性が、女として見られる機会が少なくなってきます。

既婚者は女という面よりも主婦、母親として見られる機会が多くなり、旦那さんからも女として見られることも減ってきます。

仕事を持っている女性の場合は、30代ともなるとある程度の地位についていることも少なくなく、女としてよりもビジネスウーマンとして見られることの方が多いのです。

そのような状況の中、女としてみられることが少なく、自分の女としての魅力に自信が持てなくなっている女性が多いのです。

しかし、当然女性ならいつまでも女でありたいという気持ちは強く持っています。

つまり女であるという実感する機会をとても求めているんですよね。

そのため、30代の女性と接する場合は、一人の女として接することが非常に重要なんです。

家庭や職場でどのように思われていても、あなたの前では一人の女として接してあげて下さい。

一人の女に戻れる時間をプレゼントしてあげるのです。

時には欲情していることを匂わせる言葉をかけてあげるのも凄い効果的です。

女性は基本的に自分に対して男性がエッチな気分になることに嫌な気はしません。(もちろん嫌いな男が相手だったら別ですが)

ましてや普段そのようなことが少ない女性の場合はなおさらです。

表面上は照れていたり、素直に喜ばなかったりするかもしれませんが、内心は喜んでいいるものなのです。

男性にエッチな気分になられるということは、女として意識されているということですからね。

ですから、男性は女性に対して、性的興奮を覚えていることをさりげなくアピールしてあげるといいでしょう。

女性を喜ばせることもできますし、「女の部分」に火を着けることもできるのです。特に30代の女性に対しては。

もちろんやりすぎには注意して下さいね。

過剰になりすぎると、ただ性欲の対象としてしかみられていないという印象を持たれてしまいます。
そうすると避けられてしまうことにもなりかねませんからね。

おすすめの記事