30代の女性は性欲のピークにあると書きましたが、実際にはセックスライフに満足している女性は非常に少ないのです。

セックスに対しての満足度はかなり低い年代だと思ってもいいと思います。

既婚者の場合、多くの方がセックスレスという問題に直面しており、独身者の場合は、決定的に出会いが不足しているというのが大きな原因でしょう。

特にセックスレスの状態にある夫婦というのが思った以上に多いというのには驚きです。

私の周りにもセックスレスの女性がいますが、彼女達の話を聞いていると、決してセックスをするのが嫌なのではなく、むしろもっとセックスをしたいというのが本音のようです。

また独身者においてもセックスに不満を抱えているという点では同様でしょう。

彼氏がいる人はまだいいのですが、30代になると周りの男性も既婚者が多くなり、また出会いの機会も減ってくるため、彼氏を作るのも容易ではありません。

絶対的にセックスの回数が不足しているというのが現状なのです。

正直、言葉は悪いのですが、溜まっているというのが本音でしょう。

そのため男性と仲良くなると、最終的にセックスまでいってしまうことが多いのが30代の特徴です。

ひとたびセックスに突入すると、普段のストレスを発散するかのように淫れるのも30代の魅力でしょう。

20代の女性よりもセックスの経験が豊富で、最も性欲の高まっている時期で、にも関わらずセックスを満喫できていない30代の女性というのは、セックスのパートナーとしてはとても魅力的な存在なのです。

若い男性がこの年代の女性とのセックスに溺れていくことが多いのも納得のいく話です。

おすすめの記事