看護師だった私が秘密の話をしたいと思います。
性欲の溜まった看護師は主に出会い系でセフレを探しているということです。
これは私が、看護師時代によく同僚と話していた内容をもとに書いています。

1.エロいナースの友達は大抵エロい

看護師だからといって皆性欲が強いかというと、そうでもありません。
でも類は友を呼ぶのか、私の友人はかなり出会い系サイトに登録していました。
中には彼はいるけど、性欲が発散できず出会い系でセフレを作り浮気をしている看護師もいます。

私もセックスが好きだと自覚していますが、友人もセックス好きが多くエロいナースの友達はエロいということなのかなと思いました。

性欲が溜まった看護師が飲みながら話すのは出会い系でセフレを作りどんなプレイをしたのかということです。
私の友人はMが多く、けっこう変態プレイの話を聞くことが出来て盛り上がりました。

仕事のストレスの発散や、話すネタが欲しかったり暇を持て余していたりする時にセックスに走る女性は多いです。
セックスをして気持がいい思いを日々していると心に余裕が出来る気もします。

出会い系でセフレを作った看護師の性欲まみれの日常を紹介したいと思います。

 

2.出会い系でセフレを作るなら性欲の溜まった看護師が最適

出会い系でセフレを探していた看護師の和夏は1日3日はセックスしたいという性欲の強い女性でした。
出会い系サイトで出会った人とすぐにHをします。

 

やれる出会い系アプリランキング

 

アナルまで舐めて前立腺マッサージもできる風俗嬢並みのテクニックを持っています。
そしてその男性がちゃんと3回勃起して挿入してくれるかどうかがセフレ選びのポイントにしていました。

朝までに3回セックスできないと、関係を辞めると言う徹底ぶり。
和夏ちゃんは、感情をからめないセックスフレンドを好んでいました。

他の友人ナース瑞穂は、セフレにされていることに気が付いていないタイプです。
なぜなら、不倫だったからです。
「これは恋なの!」と言っていましたが、相手の男性は年配で父親のような包容力に安心を求めていた様子で、
セックスするたびにお小遣いをもらっていました。

この男性はアナルセックスが好きで、瑞穂はアナルを細めのバイブから慣らしていったそうです。
アナルって気持ちいいよと言うまでになった瑞穂は、すごく胸が大きくドクターにもよく声をかけられるほど可愛いナースでした。

私は、性欲も寂しさもあり出会い系でセフレを作るタイプの看護師でした。
1人の人じゃ埋まらないし、依存するのは嫌だったので複数のセフレと会っていました。
面白い男性、ドエロい男性、お酒を一緒に飲むことが出来る3人のセフレがいましたが、トラブルも起きることなく本当に身も心も充実していました。

セフレを作る理由は様々ですが、看護師をセフレにするのは簡単だと思います。
ぜひ、看護師のセフレになって体の奥から気持ちよく癒してあげてください。

おすすめの記事