ワクワクメールに登録してセックスしまくろうと思っていました。

今日は俺が実際に経験した過激なエッチ体験談を紹介したいと思います。

1.出会った女性は超エロエロナース

俺が、出会った中でも過激なエッチ体験談だと思うのは25歳のナース、麻那とのセックスでした。

麻那は最初からヤリ目で登録していたようで、簡単に会ってくれました。

あんまり話がスムーズに進むので、何かの罠かとこっちがビビったくらいです。

実際会ってみると、イヤラシイ雰囲気がぷんぷんのナースでした。

胸も大きくてFカップもあると言います。

身体は細いので、胸だけが目立っていて話をしていても胸ばかり見てしまいました。

「おっぱいばっかり見て、や~らしいっ」

からかうように麻那が言うので、恥ずかしくなりしどろもどろになると「さわっても良いよ。」と麻那が言いました。

待ち合わせをして会話をしていた俺たちは、その時はまだカフェにいました。

俺は、生唾をごくりと飲み麻那の胸をそっと触りました。

「すごくやらしい顔してるよ。ゆっくりできるところに行かない?」

そう言って麻那は俺をホテルに誘いました。

こんなふうに女性の方からリードされたことがなかったので、本当に驚くやら嬉しいやらで、すぐにホテルに行きました。

 

2.ホテルでの麻那のセックス

ホテルに行くまでも、もう我慢が出来なくて勃起しっぱなしでした。

 

やれる出会い系アプリランキング

 

ホテルにつくと、激しくディープキスをしながらベッドに倒れこみます。

俺は、ここでも主導権を握れず麻那の攻撃に、反対に犯されているような気分になりました。

麻那は騎乗位で、俺のチンポをマンコにくわえこむと、大きく腰を動かし始めました。

麻那のあそこは、期待のためか相当濡れていて淫乱な女だと思いました。

俺は、激しい彼女の動きにすぐにこらえきれなくなりそうで彼女の腰を押えました。

「ちょっと待って…!そんなに動いたら出ちゃうよっ」

情けないがそう言うと、麻那は意地悪な顔で笑ってチンポの根元を握りしめてきました。

「ダメ…まだよ…ふふっ」

そうして根元を押せたまま、ぐるんぐるんと腰を回転させてきます。

こんなに女性に責められたことがなくて、もう限界でした。

「うわぁ~ごめん!いきそうだ。動くのやめてっ」

そう叫ぶけど、麻那はニヤニヤして喘ぎながらやめてくれません。

「あぁんっまだ…だめよっ!出したらお仕置きするんだからぁ~」

腰をぐちゅぐちゅ振り続ける麻那に、気が付けばびゅるる…っと中出ししていました。

俺はこんな展開になると思っていなかったので、驚いていました。

目の前では、Fカップがたぷんと揺れています。

お仕置きよ、と言って麻那は俺の手を紐で縛りました。

そうして、チンポを咥えてまた勃起させると、再び騎乗位で挿入してきます。

そうやって何度も犯されるようにセックスした過激なエッチ体験談でした。

おすすめの記事