僕は出会い系サイトで出会った女性とセックスをするのが趣味の一つなのですが、その中でも今まで印象深く残っている経験が一つあります。それが今回タイトルに書いた黒ギャル体験談です。

その子はサイトで出会ってすぐ写メの交換を申し込んできました。僕は用意していた写メを送ったのですが、それに対する向こうのレスポンスはとても早く、「やべー!やりてー!」といきなり返してきました。

率直なその態度に僕も興奮しました。休みの日を合わせて軽く飲みに行ったあとホテルに遊びに行く約束を取り付けました。

出会って始めてみた印象は、とにかくエロそうだなぁと言ったものでした。寒い時期なのに太ももが丸見えで、ピアスの数もとにかく沢山ありました。

「多いねー。」というと「へそと乳首にも開いてるよー。」と教えてくれました。飲み会を終えてホテルに行きました。

部屋に入るなりいきなり僕を押し倒し、僕のズボンを脱がせた後に、シャワーを浴びていないのにもかかわらずいきなり僕の性器を彼女は舐め始めました。

そしてそのまま僕の乳首をコリコリと派手なネイルでいじりながら、何度も何度も僕の性器をじゅぽじゅぽと吸い続けました。

僕も彼女を気持ちよくさせてあげたかったのですが抵抗むなしく「良いから飲ませろや。まだ飲み足りない。」と言われ、そのまま一発抜かれました。

出てきた精液も彼女はしっかりと飲みほし、そしてまだ休まりきっていない僕の性器をそのまま咥えて何度もそのまま吸い続けました。

僕が「やめて。」と懇願しても彼女はやめることなく吸い続け、この時初めて男の潮吹きというものを経験させられました。

「お兄さんカッコいいからいじめたくなっちゃった。」という彼女は痴女そのものでした。

僕の復活を待つことなく彼女は今度下着を脱いで僕の顔に性器を押し当て舐めさせられました。

彼女もすぐに潮を吹き、そこから合計3発以上はセックスして行ったと思います。

酒と興奮で記憶がそこから曖昧ですがベッドの上がぐしゃぐしゃになっていたのは覚えています。

彼女とはその後も数回遊んでいます。本来は責めが好きな僕ですが、彼女にしてやられました。これが僕の黒ギャル体験談です。

おすすめの記事