普段の暮らしではなかなか出会いがありませんでした。お陰で彼女いない歴が毎年更新されていきます。そんな時、友だちから出会い系サイトを勧められました。

出会い系サイトは抵抗がありました。サクラが多かったり、エンコーや、美人局の温床だろうとか。

そんなことを言ったら友だちに笑われてしまいました。「なくはないけど、確率的には低いし、おかしいと思ったら会わなければいいだけ」

それもそうだなと思って、試しに出会い系サイトをやってみました。今回はそんなギャル体験談を紹介します。

友だちから紹介されたのは「PCMAX」というところ。ギャルが多くてすぐに会えるし、ノリもいいしすぐにヤレる……という友だちのギャル体験談でした。

実際にやってみると、別にギャルが多いわけでもなかった。ただ、反応がいいのはやはりギャル。友だちの体験談もウソではなさそうです。

最初に会ったギャルはちょっと太めでメイクがきつかった。でも胸が大きくて、妙にエロい感じがした。

某コーヒーショップで待ち合わせてまずは話をしました。

そのギャルの名前はリリカ。ニックネームかと思ったら本名だとか。明るくてよく笑うコだった。

面白かったのは「PCMAX」を利用して出会った男との体験談を赤裸々に語った事。

セックスを楽しみたいけど友だちや知り合いとはしにくいし、彼氏だと一人に縛られて面倒だとか。

そこで「PCMAX」でフィーリングの合いそうな男と会って楽しんでいるとか。

リリカはそれをすごく楽しそうに事細かく話した。

リリカとコーヒーショップで1時間余り話してから、どちらからともなく『行こうか』ということで近くのホテルへ入りました。

腕を組みながらフロントにある部屋のパネルの前で、楽しそうに部屋を選んでいるリリカの髪の香りと大きな胸の感触がたまりません。

部屋は一番派手そうなところを選び、駆け込むようにして部屋へ入りました。

部屋に入ってドアを締めた瞬間、リリカが抱きついてきました。

ちょっと太めのリリカの体当たりでよろけた私は背後のドアにどんとぶつかりました。

リリカはお構いなしにキスをしてきます。これはすごいな、と思っていたら、リリカの手が私のシャツをまくりあげました。

潜り込んでいたリリカの右手は腹から胸へ愛撫を始め、左手は股間へ……。

友だちのギャル体験談にあった「ギャルはノリが良くてすぐにヤレる」というのはあると思います。

ただ、ヤレるというよりも逆にヤラれるくらいかも?悪い気はしませんけど。

おすすめの記事