一次会は安心感と好感を持ってもらう場

合コンは、ほとんどが二次会まで持ち込むことが多いと思います。(盛り上がりによっては、一次会で終了の時もありますが)
そのため、本格的な勝負は二次会に残し、一次会では好印象を与えるを目的とするのが先決です。

一次会は、お互いまだ会って間もないため、まずお互いを知ることから始まります。

まだお互いのことをよく知らないため、当然女性は警戒心を持っていますし、かなり様子見の状態になっています。

まずはその警戒心を解いて、いかに安心感、そして好感を持ってもらうかどうかが重要なのです。
一次会でどのような印象を持たせられるかで、後の展開に影響してきます。

合コンの主役より狙った子を落とすことが大事

合コン全体の盛り上がりは大切です。
合コン自体が盛り上がれば女性にも楽しんでもらえますし、女性のテンションも上がるし参加男性への印象も良くなるでしょう。

しかし合コン全体の盛り上げ役に徹するあまり、結局おいしいところを逃し、狙った子を落とせなかったら意味がありません。
大切なのは、狙った子を落とせるかどうかなのです。

合コンの主役になるよりも、狙った子との距離を縮めることに重点を置いた方が結果として得をするのです。

よく合コンの主役となって盛り上げてくれるが、誰もゲットできずに終わるという人をよく見かけます。そういう人は本当にありがたい存在です。
その人に盛り上げ役を任せて、こちらは狙った子に集中できるわけですから。
そういう人に盛り上げ役は任せてしまいましょう。

あなたがやることは、狙った女性との会話を通して、警戒感を解き、安心感と好感を持ってもらうことです。
狙った子の近くの席を確保し、少しでも個人同士の対話を増やすようにしてください。

もちろんひたすらその子にべったりじゃ困りますので、時々全体の会話にも参加してバランスを取ることもお忘れ無なく。

合コンの一次会はソフトに②

狙った女性以外の子への気遣いも忘れずに

狙った子に対しては、印象を良くしようと色々気を遣ったりすると思いますが、意外と忘れがちなのが、狙った子以外の女性に対しての気遣いです。

やっぱちひいきの子に集中して、特別扱いしてしまうんですよね。
でもこれは非常にマイナスになります。

女性はそういうところを結構見ているものです。

自分だけ特別扱いされることについては嫌な気はしなものなのですが、あまり度が過ぎると女性が気まずさを感じてしまいます。
また他の女性にも優しくできる男性に、女性は良い印象を持つものなのです。

例えば、飲み物のグラスが空いている女性に飲み物を勧めたり、取りづらい位置にある料理を取ってあげたり、お酒の弱そうな子に気遣いの言葉をかけてあげたり、会話に参加しそびれている子を会話に参加させてあげたりなど。

たったこれしきのことなのですが、出来るのと出来ないのとでは与える印象に雲泥の差がでるものなのです。
面白いと思いこんでいるジョークを連発するよりも、数十倍も好印象を与えられるでしょう。

こういったことは一見当たり前のことのように思えますが、女性に聞くと出来ていない男性がほとんどだと言います。
みんな自分が狙っている子を落とすのに一生懸命になりすぎて、疎かにしてしまって、それに気づいていないのでしょう。

でも、狙った子以外の子へ気遣いを見せるのはとても大切なことですので、絶対に忘れないようにしてください。

一次会の中にもちょっとエッチな要素を入れておく

一次会は、主に安心感と好感を与えることが先決だと言いましたが、その中にもちょっとエッチな要素を上手く入れておくととても効果的です。

合コンの場合、大体がゲームなどでエッチな話になるとは思いますが、それはそれとして、個人的に話しているときにも少しエッチな話を混ぜていくといいでしょう。

しかし当然いきなりきわどい話をすると引かれますし、下心を見透かされますので、ソフトな話に留めておくのがいいでしょう。
下心を持ってると思われると、距離を置かれるので注意が必要です。

一次会での話は、女友達を相手にしたとき同様、自分の話や友達の話など相手の女性から遠い話を話題にした方がいいでしょう。
まだ一次会の段階で、自分のエッチな話をペラペラと話す女性は滅多にいませんので。

ここでエッチな話を多少でもできるならば、その後の二次会やさらにその後の展開でもエッチな方向に持っていキャスクなりますので、無理のない程度に話に織り交ぜていってください。

合コンの二次会攻略①

まず二次会で決めなければならないのは、その日のうちにセックスするのか、それとも後日へ持ち越してじっくりと落としていくのか、どちらにするかです。

まあ、実際にはその日のうちにセックスまでできるということはそう多くないので、後日に持ち越すのがほとんどでしょうし、結果的にそうなることが多いでしょう。
それに急ぐよりも確立が上がりますしね。

でも、一次会の手応えや、相手の女性の状態を見て「いける!」と思ったときは、勝負に出るのも悪くはないと思います。

その日のうちにセックスまでいくことも不可能ではありませんから。

後日へ持ち越す

「ちょっとその日のうちのセックスまでは難しいな」と思ったときは、無理せず後日へ持ち越すのがいいでしょう。

合コンで普通にするように、連絡先を聞いて、また会える機会を整えておけばOKです。

その場合は、後日会う約束を取り付けやすいように、何か共通点を持っておくと後々楽でしょう。

例えば映画の話をしておいたり、共通の好みを見つけておいたり、行きたい場所やお店の話をしておいたり。

そうすれば、「じゃあ今度あの映画見に行こうよ」とか「今度○○へ一緒に行こうよ」とか、ドライブの好きな子だったら「○○へドライブ行こうよ」などと誘いやすくなるのです。

後日会うことができたら、そこからは女友達をセフレにするのと同じ手順です。
じっくりと落としてセフレにしていって下さい。

合コンの二次会攻略②

その日のうちにセックスへ持ち込む

もしその日のうちにセックスへ持ち込みたいというのであれば、一次会の手応えによりますが、リスクを承知で攻めていくかざるを得ないと思います。

当然一次会ではソフトに抑えていたエッチ話も多少突っ込んだ内容にしていく必要もあるでしょう。
ある程度突っ込んだ話をしつつ、相手の反応を窺っていく必要があるからです。

話の途中で怪訝な様子を見せたり、話題を変えようとしたりと、嫌そうな素振りを見せたら方向転換をして、後日に持ち込むようにするのも一つの手です。

もし相手の女性がどんどんと乗ってくるようであればしめたもの。
さらに突っ込んだ話をしていきましょう。

またボディタッチを加えていくのも良いと思います。

いきなり胸などを触るというのはさすがにやり過ぎかと思いますが(ノリで許されるときもありますが)、脇腹、背中、腿、髪などは敏感なところですので、上手くボディタッチ絡めて気分を盛り上げるといいでしょう。

ただエッチな話もボディタッチも、みんなの見てる前ですのであまり派手にやり過ぎないように注意です。
他の人が空気を読めずに割って入ってくる可能性もありますし、みんなのいる前であまりエッチな会話や行動をされると、女性は恥ずかしいからか引いてしまう時もあります。

あまり目立たないように、二人だけの世界を作って行うのが効果的でしょう。

二人だけで話す時間を作る

二次会というと、二件目の飲み屋、カラオケ、ビリヤード・ダーツバーとかになるでしょうか。

何れにしろ、二人きりになる時間を作りづらい場所です。
そのような中でも、少しでいいんで二人きりで話す時間を作りたいところです。

二人きりになる時は、女性が化粧室に行った時くらいでしょうか。

また用事を作って付いてきてもらう口実で時間を作る方法もあるでしょう。
とにかく、二人きりになる時間を少しでいいので作るようにしてください。

大勢の中で二人で話すのと、二人きりになって話すのでは、残る印象が全然違うものです。
二人きりで少しでも話をした相手というのはとても印象に残りますし、それに女性も相手を意識するようになるのです。

「飲み過ぎてない?大丈夫」程度の会話だけでもいいのです。
もしくは、さっきのエッチな話に絡めて「さっきの話聞いてドキドキしちゃったよ」とでも話を振れば、エッチな雰囲気も作れてより効果的でしょう。

とにかく、二人きりで話す時間をなんとか確保することが大事なのです。

合コンの二次会攻略③

メールを上手く利用する

どんなに合コンの最中に親密になっても、合コンが終わった後に二人になれなければ、部屋やホテルにも行けませんしセックスもできません。
何とか上手く誘い出すことが必要になってきます。

女性を誘い出すのにあまりみんなの前で堂々と誘う人はいませんし、さすがに避けた方がいいでしょう。
女性も「うん」と言いづらいはずです。
そんな時は耳打ちで誘うようにするのです。

耳打ちは、他の人に聞こえないようにという意味ももちろんあります。
しかしそれだけではなく、耳打ちで誘われるということは、ちょっとエッチな印象を受け、気分を興奮させる効果があるのです。

秘め事というのは誰しもがドキドキすることだと思いますが、耳打ちはまさに二人だけの秘め事という雰囲気を最大限に出せる行為なのです。
これからセックスをするのを狙ってるわけですから、誘い出せることに加えて一石二鳥でしょう。

そしてもう一つ変わった手段があります。それはメールを使うことです。

合コンでメールを聞くのは当然のことでしょう。
気に入った子がいたのならなおさらです。

女性に聞いたところ、メールを聞くのは一つの礼儀でもある、と言っている人もいました。
興味がない子でも、メールくらいは聞いておくべきだと。
やはりメールすら聞かれないのは、女性として寂しく感じるようなのです。

ですから、恐らくメールを聞いて断る女性は数少ないはずです。

メールを聞いたら、誘い出す時にメールを送って誘い出すのです。

口頭で誘うチャンスがないときでも、メールでなら誰にも知られずに誘うことができます。
また、メールで誘われるということは、先ほどの耳打ち同様に秘め事の様な雰囲気を出すことができるのです。

誘うのは、自分がトイレに行く振りをして席を離れればいいでしょう。
また隣に座っているときに、あえてメールを送ってみてもドッキリ的な要素があっていいと思います。

このメールで誘う方法はなかなか効果的のようで、直接誘うよりも成功率が高いと感じます。
もちろんそれまでのプロセスも関係してきますが。

誘い出せたらほぼ完了

合コンの後の二人だけの密会に誘い出せたらほぼ完了です。
二人だけの密会に来るようでしたら、良い確立でセックスまで持って行けると思います。

付いてくる時点で女性の方もある程度察しがついているはずですし、わかっていて来ているわけですからあとは普通に誘えばOKです。

もし断られたとしても、大きなダメージはないでしょう。
二人きりでの三次会に誘う時点で男はセックスしたいのは見え見えですから、その誘いに乗るというのは女性も嫌ではないからです。

断るにしても、会ったその日は嫌だとか、生理の日だとか、何かしらの理由があるだけで、セックス自体が嫌だというわけではないケースが多いと思います。

その時は、後日あらためて時間を作って、ゆっくり楽しめばいいだけです。

おすすめの記事