昔からセフレ作りに使われる手段と言えば、合コンやナンパでしょう。

最近では、出会い系やSNS、チャットなどネットでセフレを探す人が増えていると思いますが、それでもまだまだ合コンやナンパは捨てたものでしゃありません。

合コンやナンパは、女友達と違ってお互い初対面なので、それまでのしがらみが全くないのがいいですよね。

多少強引にいっても特に失うものがないというのが大きいと思います。

女友達相手だとそうもいきませんからね。

それに合コンやナンパの場合、お互いある程度は無礼講的なところがあるので、お互い気が合って、ノリと場の勢い・雰囲気が揃えば、エッチまで一気に流れ込みやすいという側面があります。

合コンやナンパ独特の心理状態みたいなものがあるのでしょう。

あと、相手の女性を直接見て選べるというのもメリットでしょうね。

ネットの場合、写メ交換などもありますが、実際に会うまで実物を見ることはできません。

合コンやナンパの場合、直接見て気に入った子にだけアプローチすればいいのですから、相手に不満を持つってことも少なくなります。

気に入らない相手だったら、誘わなければいいだけですし。

特にナンパの場合は、声をかける時点で可愛い子を選ぶわけですから、はずれようがありませんよね。

それに合コンやナンパの場合、多かれ少なかれ男性の方が下心を持っているのは、女性もわかっています。

ですから、いざエッチに誘おうという時になって「そんなつもりじゃなかったのに!」みたいな行き違いが起きにくいというのも利点だと思います。

ま、断られることはあると思いますが・・・

合コンやナンパは、人や地域、年齢によって機会の多い少ないの差がありますので、万人向けではないのかもしれませんが、ハズレのないセフレ作りをしたい人にはかなりメリットの大きい手段だと思います。

おすすめの記事