学生時代からの女友達や知り合いの女性、合コンや趣味を通じて仲良くなった女の子などなど。

普段は普通に友達として接しているけど、「実は一度あの子とエッチしてみたいなぁ」と思ったことがある人は少なくないでしょう?

もし身近に知り合いや仲の良い女の子がいる人は、その人とセフレになるのもお薦めです。

友達や知り合いの女性のエッチな面を見ることはあまりありません。

まぁ、たまには彼氏とのエッチな話などすることもあるかもしれませんが、それはあくまでも間接的にエッチな一面を見ているだけであって、その子のエッチな面を目の当たりにしたとは言えないでしょう。

裸を見ることも、感じている表情や声を聞くこともまずないはずです。
あるとすれば、偶然下着が見えてドキッとするくらいでしょうか。

しかし当然彼女達も女です。

彼氏とはエッチもするし、フェラチオをもするし、快感でヤラシイ声を発したりもします。

時にはヤラシイことを要求したり、騎乗位で激しく腰を振ったり、自宅で一人エッチなことをする子もいるでしょう。

しかしただの男友達でいる限りは、そのような姿を目にすることはまずありません。

そのような普段は想像すらできないエッチな姿を目の当たりにできるというのが、女友達をセフレにする大きな喜びと言えるでしょう。

普段は隠しているエッチな一面を見た時というのは、アドレナリンが吹き出るような興奮を覚えるものです。

特に普段は普通の女友達として接している女の子が相手だと、そのギャップに間違いなくやられることでしょう。

このような普段とのギャップから得られる興奮というのは、女友達や知り合いの女性とのエッチでしか得られないものです。

しかも不思議なことに、女友達と一度エッチをすると、それまで以上に仲良くなれたということも少なくありません。

隠すことがないという関係になることで、より強い信頼関係が生まれるのかもしれませんね。

また女友達をセフレにすることで、気軽にエッチができるようになるというメリットもあります。

これは何もしたくなった時にいつでもできるという意味ではなく、より純粋にエッチ自体を楽しめるようになるということです。

彼氏や彼女とのエッチって、意外とカッコつけてしまったり、変わったことをしづらいものだったりします。

大切だからこそ相手に合わせてしまったり、嫌われたくない、変に思われたくないという心理が働くのでしょう。

女友達の場合、元々友達ですから変に気を遣ったり、エッチのために過剰なお持てなしをする必要もありません。

より純粋にエッチを楽しめる関係が築けるのです。

したくなった時に素直に「したい」と言えるのもいいですよね。

「セックスフレンド」というのは文字通り「セックス」+「友達」という意味ですから、女友達をセフレにするのは最も理想的なセフレを言えるのかもしれません。

おすすめの記事