有料サイトと無料サイト、どっちがセフレを作りやすいのか?

男がどうしてもお金をかけずに無料で女とヤリたい、
そう思う人が多いので、無料サイトに男は集中します。

確かに無料でセックスできるならそれに越したことはないですが、
果たして本当は有料サイトと無料サイトでは、
どちらの方がセフレ作りに適しているのか?

結論から言うと、有料サイトの方が、
圧倒的にセフレ作りに適しています。

理由はたくさんあるのですが、
最も大きな理由は、女性の数と女性の警戒心が全然違います。

有料サイトの方が女性の数は桁違いに多いですし、
女性の警戒心も断然薄いです。

逆に無料サイトは、そもそも使っている女性の数が少なく、
また女性の警戒心も非常に高いです。

どちらが出会いやすいかは明白ですよね。

それに男女比率も全然違います。

無料サイトは無料という言葉に釣られて、
男性が大挙して押し寄せています。

それこそ男女比率が100:1くらいです。

それと比べて、有料サイトの男女比率は、
大体2:1くらいのところが多いですね。
半々のところも少なくありません。

1人の女性を100人で取り合うのと、2人で取り合うのでは、
競争率は全然違いますよね。

確かにお金をできるだけ掛けたくないという気持ちはわかりますが、
いくらタダでも出会えなければ話しになりません。

また、無料サイトは非常に女性の警戒心も強いです。
そもそもタダで女とヤリたいと思っている男に対して、
女性が警戒せずに会うと思いますか?

その警戒心を解きほぐすのは、非常に難しいんです。

有料サイトの場合、サイトの管理者もしっかりしていますし、
何よりちゃんとお金を払っている男性というのは、
それだけで信頼ができるように感じるものなのです。

男性はどうしても男性目線だけで見てしまい、
自分にとって得があるかだけを考えがちですが、
女性の視点で考えてみればわかることだと思います。

女性ならどういう男性と安心して会おうと思うか、
その視点を持つことは大事ですよ。

出会い系サイト|無料サイト

文字通り全ての機能を無料で使える出会い系サイトですね。

男性は無料サイトが大好きです。
何せタダで出会えて、タダでヤレるわけですから。
これほど美味しい話はありませんよね。

女とセックスしたいけど金はびた一文使いたくない!

都合のいい考えですが、
ぶっちゃけそれが男の本音だったりします。

だから男性は無料サイトが大好きです。

でも、無料サイトが本当に無料だと思ったら、
やっぱり甘いんです。

サイト自体は無料で使えるのは確かなんです。
しかし、無料サイト側も利益をあげなくてはいけないわけです。
ボランティアじゃないですからね。

大抵は広告収入で運営していると言っていますが、
普通の広告収入だけで運営できるわけがありません。

提携のポイントサイトへの同時登録、
大量の広告メール、
ネカマ、サクラ、ダミー会員、
などなど、
色々な手段を使って収益アップを狙ってきます。

だからといって、無料サイトで出会えないわけではありません。
根気強く使っていれば、実際に出会うことは十分可能です。

しかし、そこに至るまでに障害になるものが多いのも事実です。
たくさんの障害を根性で乗り越えた人だけが出会えるわけです。

正直、出会い安さは有料サイトの方が、
何十倍も出会いやすいです。
たった月額数千円払うだけでこうまで違うのか
と思うくらいに違います。

個人的には多少のお金を払っても、
有料のサイトを使ったほうが絶対にいいと思います。

しかしそれでも無料サイトを使いたがる男性は多いんです。
やっぱりタダでやれるという夢を追いたいから。

そういう人には、ちゃんと吟味して使うサイトを選ぶことをオススメします。

無料サイトの場合、出会えないサイトの方が圧倒的に多いので、
サイト選びが非常に重要になってきます。

サイト選びが一番重要なポイントです。

それから後は根性ですね。
色々と煩わしいものが多いのが無料サイトです。

正直、同時登録くらいで悪質サイト扱いするくらいなら、
無料サイトは使わない方がいいです。
あって当たり前くらいの気持ちで使わないと。
サクラもいて当然、ダミーの女性会員も多くて当然。

それくらいの気持ちで使うべきだと思います。

有料の出会い系サイト

出会い系サイトの有料サイトとは、
利用するのに料金がかかるサイトのことを言います。

料金体系には二種類あり、
定額制とポイント制があります。

定額制とは、
月額決まった料金を払うと、
全ての機能が使い放題になる料金体系。

いくら使っても月額の金額は変わりませんので、
使いすぎてお金がかかりすぎた、なんてことになりません。

お金を気にせず安心して利用できるのが
大きなメリットですね。

ポイント制とは、
使った分に応じてお金がかかるという料金体系。

1ポイント10円などとサイトごとに決まっており、
メール1通5ポイントなどのように、
使う機能毎に消費されるポイントが決められています。

利用者はあらかじめポイントをまとめて購入しておき、
サイトの機能を使うごとにポイントが消化されていきます。

ポイントが足りなくなったら、
追加で購入する必要があります。

使った分だけしかお金がかからないという、
無駄のない料金体系ではありますが、
その分使いすぎると膨大なお金がかかることにもなってしまいます。

どちらもメリットとデメリットがあるのですが、
オススメなのは定額制です。

定額制であればお金がのことを気にせず、
好きなだけ使うことができます。
やはり心理的な負担が少ないというのは、
大きなメリットです。

それに、ポイント制で割安にすまそうと思っても、
使っていると結局は定額制と同じくらいの
料金を使ってしまうものです。

女の子と出会うためには、
それなりにやり取りが必要になってきます。
そうすると、結局は定額制の料金分と
同じだけのポイントを消費してしまうものなのです。

それであれば、最初から定額制にしておいた方が、
心理的な負担も少ないですし、
それに時間の許す限り女性にアプローチできますので、
出会いの可能性も大きくなります。

定額制でオススメなのは、
ラブサーチです。
おそらくラブサーチに悪い評価をしているサイトは、
ほとんどないのではないかというくらいに、
高い評価をされているサイトです。

それだけ使いやすく、機能も豊富で、
女性も多く出会いやすいサイトなのです。

ポイント制であれば、
ハッピーメールがいいでしょう。

昔から本当に出会えるサイトの代名詞ともされていたサイトだけあって、
非常に女性会員数も多く出会いやすいサイトです。

SNSでセフレを作る

最近はSNSをセフレ作りに活用する人も
増えてきましたね。

SNSは、ネットで他のユーザーと交流する目的のサイトです。

セフレ作り目的であったり、出会い目的であったり
そういうサイトではありません。

でも、男女が出会える場所ですから、
当然セフレ作りに使う人も出てきます。

事実、SNSはセフレが作りやすいサイトです。
出会い系サイトとは違って、建前上は健全な交流サイトであるため、女性も信頼して使っている人が多いんですよね。

ですから、仲良くなって会うことになっても、
警戒している女性が非常に少ない。

警戒されないっていうのは、出会いにはめちゃくちゃプラスです。
そういう点ではSNSは出会いに使えるサイトなのです。

もちろん出会えれば、そこは男と女。
ムードが高まれば自然とセックスする関係になっていきます。

特にネットを通じての出会いだと、半分バーチャル的なところがあり、
女性も大胆な行動を取りやすいんですね。

つまり、リアルでの出会いであったら慎重になるところが、
ネットを通じた出会いというだけで、行動が積極的になるのです。

「旅の恥はかき捨て」
という心理と似ていますね。

最近では、SNSは出会い系以上に出会えるという人もいます。
新しい出会い系なんてことも言われています。

セックスに持ち込むまでは多少時間をかける必要が出てきますが、
SNSもセフレ作りには非常に使えるサイトだと言えますね。

チャット(2ショットシャット)でセフレを作る

チャットも、ネットセフレを作るのには使えるツールです。

チャットといっても種類は色々ですね。

多人数で会話をする多人数チャットから、
二人きりで会話をする2ショットチャット。

内容も、普通の会話が目的のものから、アダルト目的のものもあります。

セフレを作るのならやはり2ショットチャットですね。

どうしても他の人がいると、なかなかエッチな会話はできても、会う約束をしたり、連絡先を交換したりとなると、やり辛いですから。

チャットのいいところは、
そのリアルタイム性でしょう。

リアルタイムにコミュニケーションが取れるというのは、やはり大きいです。

メールでのやり取りだとタイムラグがどうしても出てしまうので、会話のテンポも遅くなりますし、テンションもなかなか上がりません。

それがチャットだと、文字だとはいえ、リアルタイムに会話をできますので、話を発展させていきやすいのです。

それに会話でのテンションも上がりやすいので、ノリでそのままエッチ・・・、なんてことも少なくありません。

セフレを作るのには、非常に向いているツールと言えるでしょうね。

ただ、最近ではかなり利用者は減ってきています。

というのも、09年の2月に施行された改正出会い系サイト規制法によって、2ショットチャットも年齢認証が義務付けられちゃったんですね。

利用者は、免許証などを提示して未成年でないことを証明しなければなりません。
といっても、年齢さえわかればいいので、名前や住所などは隠しておいても大丈夫なのですが、こういう手間を嫌って利用者が減ってしまっています。

こういった理由から、最近の2ショットチャットは登録制のところが多くなっています。

そうなるとどうしても面倒が増えるので、利用する人も少なくなってしまうんですよね。

サイトによっては、2ショットチャットではなく、3ショットチャットにしているところもあります。

これだと年齢認証の義務が避けられるんです。

ただ、3人での会話になるので、2ショットのメリットは大きく失われてしまいます。
まぁ2ショットにする裏技的なものもあるんですが・・・

ただ最近の出会い系サイトは2ショットチャットをほとんどのところが備えています。

そこを使った方がいいと思いますね。

おすすめの記事