ネットでセフレを作る|誰でもセフレを作れる

ネットを使えば誰でも簡単にセフレを作れます。

合コンの機会が少なくても、ナンパが苦手でも、女友達がいなくても、容姿・年齢・職業関係なく、誰でもセフレを作ることができるのです。

まぁ相手がいることですの100%とは言いきれませんが、普段なかなかチャンスがない人でも、セフレ作りにチャレンジできるのが大きな魅力です。

チャレンジできるというのは、ネット上には必ずターゲットになる女性がいるということです。

セフレ作りの最も大きな障害となるのは、セフレが欲しくても対象となる女性がいないことです。

女友達がいたり、合コンに積極的に参加したり、ナンパにはげんだりすればいいのでしょうが、そういう機会に恵まれない人や苦手な人もいると思います。

そのような人でも、ネットに行けば必ず女性がいて、セフレを作るチャンスを持てるのがネットの大きな魅力なのです。

ネットを利用すれば、相手の女性がいないということで挫折することはなくなるのです。

ネットでセフレを作る|必ず自分を気に入ってくれる人が見つかる

普段はモテない人でも、必ず自分を気に入ってくれる女性が見つかるのがネットの世界です。

自分にどんなに自信が無くても、日常でモテなくても関係ありません。

ネットという広い世界の先には何万人もの女性がいます。
その中には、あなたのことが好みだという女性が必ず存在します。

普段接してる女性の数なんてたかがしれています。
その中からお互い気に入る相手を見つけるというのは、そう簡単なことではありません。

しかしネットとなると、女性の規模が違います。

普段の数人~数十人という女性の数から、一気に数万人規模の女性が対象になるのです。
その中には必ずあなたとセックスがしたいという女性がいるのです。

実際、私の友人がそうでした。

小太りな体型で、顔も決してカッコイイとは言えない人で、事実モテない男でした。
その友達は20歳過ぎても童貞でした。

しかし、20歳を少し過ぎた頃から急に色々な女性と付き合い、たくさんの女性とセックスをする生活に変わったのです。

その数は延べ数十人。一度に数人とセフレになり、1日に3人とセックスということもありました。
それを可能にしたのが、ネットだったのです。

彼はネットでのセフレ作りが天才的に上手かったんです。
正直、モテない頃を知っていたので、そのギャップに驚きました。

それまで私はネットでの出会いには否定的だったのですが、彼を見て180度変わりました。
その時、初めてネットの力の大きさを知ったんです。

ネットを使えば、誰でもセフレを作ることができます。
大切なのはそのテクニックです。その友達の彼を見た私は断言できます。

ネットでセフレを作るメリット②

時と場所を選ばない

時と場所を選ばないというのもネットの大きな利点です。

生活サイクルは人によって様々です。
比較的平日の昼間の方が時間が自由になる主婦や、深夜に暇している学生など、人によって時間の使い方も色々あります。

しかしネットであれば、女性がいないという時間帯はほとんどありません。
女性の層が変わることはあっても、いないということはないのです。

また携帯を使えば、場所を問わずセフレ作りに取り組めます。

特に学生は携帯の利用率が高いので、学生のセフレが欲しい人は携帯は必須と言えるでしょう。

その日のうちのセックスもあり得る

ネットでは、話したその日のうちにセックスということも十分あり得ます。

普通、なかなか見知らぬ人と、知り合っていきなりセックスなんてシチュエーションはそうそうあり得ないでしょう。

しかし、ネットでは十分ありうるのです。

特にアダルト色の強いサイトだと、エッチな気分になった男女が集まっています。

そのようなサイトで出会った男女が会うことになれば、セックスをしても何の不思議もありません。

それに、女性の方も、アダルト色の強い出会い系サイトで知り合った男と会うときにはセックスをする用意はできています。
会う約束さえできれば、セックスできたも同然なのです。

アダルト色の強い出会い系サイトの場合、セックスをするまでに煩わしい駆け引きがいらないのが大きなポイントです。

何せ、セックスをする相手を探しているもの同士。
会えばセックスをすることは暗黙の了解として、女性の方もわかっているのですから。

ネットでセフレを作るデメリット①

相手の顔が見えない

ネットでの一番の不安の種は、相手の顔が見えないということでしょう。

この、"相手の顔が見えない”というのは、何も「容姿が確認できない」という意味だけではありません。

容姿も含めて、相手の実態を確認することができない、という意味です。

話をしながら相手の女性のことを色々と聞くと思いますが、それが本当のことかどうかわかりません。

そもそも相手が本当に女性なのかが会ってみるまでわからないというリスクがあります。

ネットでの出会いの場合は、ネット上だけのやりとりで相手のことを判断し、会うかどうかを決めなくてはなりません。

確認する手段がない以上相手の言っていることを信じるしかないのですが、それが本当かどうかは会ってみるまではわからないのです。

もちろん相手の女性の容姿を確認できないというのも大きなリスクでもあります。

芸能人の誰に似ているとか、スリーサイズがいくつだとかを聞いても嘘をついてしまえばいいだけです。
こちらには見破る術はありませんから。

会って見て、自分の好みではないという可能性も大いにあります。

写メを交換したり、電話で話したりという方法もあります。
でも見知らぬ相手に自分の写真を送ったり、電話番号のような個人情報を教えることにはどうしても躊躇してしまいますよね。

これは相手の女性もそうだと思います。

このようなリスクは、どうしてもネットの出会いにおいては避けられないことでしょう。

ネットでセフレを作る|騙される危険性について

相手の顔が見えないということにも関係することですが、ネットではどうしても騙される危険性とは切っても切れないものがあります

代表的なのが、"ネカマ”や"サクラ”、"業者”などの存在です。

まずネカマですが、ネットオカマの略で、男が女性の振りをして男を騙すことをいいます。

基本的に暇な男がふざけ半分でやっていることが多いと思いますので、騙されても恥をかく程度で実害は少ないと思います。
もし騙されても「あぁ、騙された」と思ってすぐに忘れるのがいいでしょう。

しかし、電話番号や写メ等の個人を特定できそうなものを渡している場合はちょっと怖いですね。
ネット上に晒されるという危険性がありますから、その辺は慎重にいきたいところです。

しかし、ネカマの何が楽しいのやら・・・。

そして、サクラ。

こちらは、出会い系サイトなどがサクラを雇って、ユーザーに少しでも多くポイントを使うようにし向けたり、有料サービスへの誘導をすることです。

当然サクラ相手に頑張っても、セックスどころか会うことすらできません。
しかもサクラの場合、写真なども用意しているため、見破るのも難しかったりします。

あまりにも思わせぶりなくせにいざ会おうという話になると引き延ばしをするようなら、さっさと見限るようにしましょう。

女性は他にもたくさんいますから。

業者は、他社のサービスにユーザーの振りをして潜り込み、自社のサービスへ誘導しようとします。

別の出会い系サイトへ誘導するくらいならまだいいのですが、ワンクリサイトや詐欺サイトに誘導しようとする業者もいますので、注意が必要です。

もし別のサイトやサービスを紹介したり、移動するよう誘ってくるような女性がいたら、さっさと切るようにしましょう。

以上のような"騙し”は、ネットでは日常茶飯事です。

「おいしい話には罠がある」と肝に銘じて、ネットでは、ある程度の慎重に行動するようにしましょう。

ネットでセフレを作る|犯罪のリスク

よくニュースなどでも、出会い系サイトに関連した犯罪の話を見ることがあると思います。

ネットを利用して出会いを求めている以上、このようなリスクは多かれ少なかれ避けられないと言えるでしょう。

そしてこのようなリスクは、女性だけでなく男性の方にもあるものなのです。

男性に多いパターンは、いわゆる「美人局」と言われるものが多いでしょう。

女性をだしに男性を誘い出し、罠にはめてしまうというものです。

多くの場合、男とグルになって行われることが多いようです。

最悪の場合、大きな犯罪にまで発展するケースもあるので、細心の注意を払いたいものです。

このようなリスクを回避するためにも、ネットにおいてはノウハウや知識は非常に大切です。

もちろんセフレを作るテクニックとしても、ノウハウは非常に有効ですし、ノウハウが最も生かされるのが、ネットでのセフレ作りなのです。

そして今やそのようなノウハウは、ネット上で多く販売されています。

ネットや書籍などのいわゆる「マニュアル」でテクニックを十分に学べ、実践に生かせるのがネットでの出会いの大きな特徴でもあります。

ぜひネットでセフレを作ろうとしている方にはマニュアルの一つくらいは目を通しておいて欲しいと思います。

おすすめの記事