とりわけ匂いフェチといった性格ではないと思うんです。

ですが、それでも先日出会い系サイトで知り合うことが出来た19歳のギャルの汚れたパンツの臭い匂いについつい欲情してしまいました。

今回はそんなギャル体験談を紹介します。

 

1.友達の使ってた出会い系で

とっても汚れたパンツをはいていたギャルと知り合うことが出来たのが、インターネットにある出会い系サイト使ったときのことでした。

キャンパスの友達がよく、出会い系サイトを利用してセフレを見つけているなんて言う話を聞いていて、彼が登録しているワクワクメールを自分も利用して、大人の関係を持つことができる女の子を見つけてみよかって感じになっていたんです。

正直な話、出会い系サイトってあんまり出会えるようなイメージを持っていませんでした。

本当に大人の関係を作ることができるのか?かなり疑問を抱いていたのですが、それでも登録してみると、女性の利用者が多くいる事には驚いてしまいましたね。

初めて登録すると無料ポイントがもらえたので、それで女の子にメールでアプローチしてみたんですけど、見事に返信を貰ってしまいました。

彼女19歳で、プロフィールの写メ見たら結構ギャルっぽくて、それでいて可愛い顔だったからやり取りは結構楽しかったんです。

エッチな話題を振っても全然怒らないし、かえって持ってきてくれてとてもドキドキしながらやりとりしちゃって、それで会ってみたいと言ったら許可してくれたんです。

えっ、こんなに簡単にいいの?って思ってしまったぐらいでしたよ。

 

2.可愛いのにパンツの匂いが…

見た目は決して不潔な感じはしなかったし、凄くおしゃれしていて可愛いなって感じでしたね。

お茶飲みながらお話していったんだけど、凄く綺麗な太腿しててチラチラ見てしまいました。

ミニスカから見える三角地帯のパンツですっかり自分その気になっちゃって、思わず手を握ってホテルに誘ってみました。

ギャルは話が早いと言うか、彼女もその気だったみたいですぐをラブホテルに移動になりました。

彼女のミニスカートをまくり上げてパンツをよく見えるようにすると、オマンコの部分随分と汚れていました。

履き替えていないのかどうか知りませんけど、そのままパンツ越しに口をつけて舐めてあげたんです。

結構匂いがきつかったですけどね、それがかえってこちらを興奮させちゃって、一気に裸にして抱き合ってきました。

マン臭もパンツと同じキツめ、こんなに可愛い顔してんのにオマンコが臭くなんてって思うと余計興奮しちゃいました。

コンドームなんかつけないでドッキング、オマンコの穴の中でパコパコ続けてとっても気持ち良くなっていきました。

帰りには戦利品として彼女のはいていたパンツを貰うことが出来ちゃいました。

最近この臭いパンツでオナニー楽しんでいるんです。やっぱり自分匂いフェチだったのかな?

これが私のビッチギャル体験談です。

おすすめの記事