ナンパは日常の一部となった私ですので、ナンパセックス体験談は沢山あります。

なかでもナースとナンパしてセックス出来たのは良い思い出です。

 

1.ナンパしたナース友美

クレープを食べていた友美をナンパしました。友美は友達と一緒に話していたのですが、目立って美人でした。

ここで話しかけないのは男がすたると思い、いつものようにナンパしたのでした。

ナンパした時の女の反応は2つあります。

1つは、完全に無視をするタイプで、受け答えも拒否オーラが漂っていて短めの敬語でプライドが高いか、モテない女性に多い反応です。

もう1つは、ため口で軽くバカっぽい女でチャラいタイプで、私の好みではなく本当は好きではありません。

でも友美の反応はどちらでもありませんでした。

丁寧ににこやかに返事をする友美には他の女にはない魅力を感じました。

 

2.友美をホテルに誘う

友美にうっかり本気で惚れそうになりながら、私はホテルに誘ってみました。

丁寧な友美がどう答えるかと興味もありました。

「ホテルにいかない?カラオケもあるし3人で遊ぼうよ。」

「私達、クレープを食べたらもう帰る予定なの。」

軽くホテルに誘うと、クレープを食べたら友人とは別れるということで私の期待は膨らみました。

正直、友達がいなくなるのは好都合でした。

 

やれる出会い系アプリランキング

 

この後本気で友美をホテルに連れ込もうと思った瞬間でした。

 

3.友美とのセックス

友美は26歳の美人ナースでした。

友達と別れた友美の腕をつかむと、一緒に歩き出しました。

友美は、ホテルに向かっているとわかっているのに拒否をしませんでした。

あっけないほど簡単に、友美をホテルに連れ込むことが出来て正直驚いていました。

ホテルでの友美は積極的でした。

セクシーな下着はTバックでこれから、誰かとセックスする予定でもあったように見えます。

「私ね、セックスが大好きなの。」

上品で頭のよさそうな友美が、私のチンポをしゃぶりながら言います。

Tバックのお尻が綺麗で思わず、射精したくなります。

私は友美を、ベッドに押し倒すとM字に開脚させました。

そこへ、チンポの先をあてがい腰を少しだけ動かしながら、亀頭と入口を擦りあわせます。

私は入口の締まり具合を存分に堪能してから、深々とおまんこに挿入しました。

「あぁっ…おっきい」

嬉しそうな声を漏らす友美のおまんこはヌルヌルしてちんぽに吸い付いてきます。

腰を沈めればにゅるっと柔らかい肉ヒダが、硬く勃起したちんぽに絡みついてきました。

もはや腰が止まらず、ちゅぽちゅぽっ…じゅぽっと音をさせながら突くと、友美は大きな声で色っぽく声を上げます。

私はたまらなくなり、友美の白いお腹にたくさんの精子をぶちまけました。

こんなに簡単にセックスできるとは思っていませんでした。

本当に良いナンパセックス体験談でした。

こんな美人ナースとこのナンパセックス体験談のようにまた、セックスしたいです。

おすすめの記事