僕は先日まるでエッチなゲームや本に登場する主人公のような体験をしてきました。

本当にありえないような非現実的な看護婦セックス体験談なので「本当に現実で起こったの?」と思われてしまうこともあるかもしれません。

しかし今回紹介する看護婦セックス体験談は本当にあった話です。

 

1.積極的な誘惑をする看護婦セックス体験談

看護婦は職業柄、おとなしいタイプの女性が多いと勝手に私は思い込んでいました。

しかし今回、僕が出会った看護婦は、本当にタイトルの通り”積極的な誘惑をする看護婦”だったのです。

と、いうのも出会い系サイトを通じて知り合った僕らは最初に出会い系サイト内で電話番号を交換して、交換をしたその日からすぐにオナニー電話を楽しむ関係になりました。

オナニー電話というのは僕と看護婦の2人で電話越しにオナニーをする、いわばテレフォンセックスのようなものでした。

テレフォンセックスだけでは看護婦セックス体験談というタイトルにふさわしくないかと思われますが、内容は毎日かなり激しく実際に出会うまでの間、ずっと毎晩決まった時間帯にお互いに電話で快楽を楽しみました。

そしてやっとこじつけた、出会いの予定の日にち。「いつも通りテレフォンセックスをしながら待ち合わせ場所に行きませんか?」と看護婦のイメージとは思えない発言を言い始めました。

 

やれる出会い系アプリランキング

 

2.テレフォンセックスで待ち合わせをした看護婦セックス体験談

まさかの展開となり、テレフォンセックスで彼女と初会いをすることになった僕。

テレフォンセックスをしながらの待ち合わせとはどんなものなんだろうと当日まで頭の上にハテナがついている状態だった僕ですが待ち合わせの時間が近づくにつれて彼女からメールで「すぐにでエッチしたい」と看護婦とは思えない積極的な連絡が頻繁に届きました。

そして待ち合わせ場所へと向かう途中、あちらから連絡があり「実は今私、到着したのですが我慢できなくて遠隔ローターをつけてきました」と非現実的なありえないことを言い出しました。

実際に場所へ行くともどかしそうな顔でいやらしくこちらを見ている女性が一人立っていました。

そして「待っていました」と電話越しにいやらしく言い、僕もいやらしい攻める電話を出会う直前までしていたため、実際に会った瞬間驚き固まってしまいました。

その後待ち合わせた後、ホテルへと移動して激しくセックスを楽しみました。

本当にこんなにすごい看護婦セックス体験談を語ることができる程に素晴らしいセックスができ僕は満足しています。

おすすめの記事